ブログ一覧

ブログ 草間 和心さんが書いた記事

次へ>>

遺影 めっちゃホリディ[リレー日記]

 written by 草間 和心投稿日時:2021/07/22(木) 22:02

草間です。

助けてください。夏に殺されます。 
夏休みが来てしまいました。

ずいぶんと前から、夏休みになったらやりたいことを思う存分やってやろうと、自由を謳歌してやろうと息巻いていました。
無いのです。やりたいことが。何一つ。
何かやりたいことがないか自分に問うてみても、ただ空白が脳を占拠し、無為に時間が過ぎ去るばかりです。そのくせ、なにかをやらなければという焦燥感だけが私に迫り続けているのです。

とりあえず外に出ればやりたいことが思い浮かぶだろうと、甘い考えを抱いたこともありました。しかしながら、外を歩いてみてもただ徒に時が流れるだけでした。この間の休日には、所沢駅周辺を無意識に徘徊しているだけで2、3時間が経っていました。40年後の自分の姿を垣間見ているようで、空恐ろしくてたまりませんでした。

気がつけば、学生生活もおよそ半分。ここで何かをしなければ、生涯を空虚のまま終えてしまうと、ただ死への道を一途に辿るだけの人生になってしまうと、そういう考えが私を急き立ててやまないのです。
日常を充実させなければならない。ある種の強迫観念とも呼べるこの義務感が、今にも私を殺さんと迫ってきます。

ああ、助けてください。私の胸の内で燻り続ける焦燥感は、夏の陽射しに照りつけられて激しさを増し、今にも私自身を燃やし尽くして灰燼に帰す勢いです。私は夏に殺されます。夏の太陽に殺されます。
カミュの『異邦人』で、ムルソーは殺人の動機を「太陽が眩しかったから」と述べました。太陽が眩しくて殺人を犯してしまうのならば、太陽が眩しくて死んでしまうのも同様にあり得るのではないでしょうか。いや、きっとあり得ます。
太陽神ラーは自分を崇めない愚かな人間を滅ぼすために、鮮烈な光を放つその眼から戦の女神セクメトを生み出しました。きっと愚かな私も太陽によって裁かれるのです。

昔の人は「お天道様は見ている」とよく言いました。私が部屋の両窓に段ボールを設置し、日光が全く入らないように遮断していた行いも全て見られていたのでしょう。今こそ、その罪が裁かれるときなのです。
私はなんと罪深い人間なのでしょうか。父、母、兄には申し訳が立ちません。慚愧に堪えないとはこのことです。
来世ではきっと、太陽を愛する人間になると誓います。いや、むしろそんなんじゃダメじゃない
だってココロの奥は違うんじゃない?
オレの青春そんなもんじゃない
熱く奥で果てたいよ
きっとキミじゃなきゃやだよ
オレはイケナイ太陽



次は上妻くんです。後は頼みました。

記事タイトル長すぎるとTwitterに反映されないみたいですね[リレー日記]

 written by 草間 和心投稿日時:2021/04/29(木) 23:59

こんにちは。草間です。
確かに僕は今まで一度も天気予報を外したことがありません。一度も天気予報をしたことがないので。

昨日の部活決定ではプレーヤー3名、マネージャー9名が入部を決めてくれました。
数ある部活の中からラグビー部を選んでくれて嬉しいです。
2年前の部活決定のとき、僕は最後まで悩んで決め切ることができませんでした。結局最後はノリと勢いで決めたのですが、練習を重ね、先輩方と関わってきて今ではラグビー部に入部して本当によかったと思っています。僕も入ってきてくれた子に「ラグビー部に入ってよかった」と思ってもらえるように頑張りたいです。

話は変わりますが、先日BLUE ENCOUNTというバンドのライブに行ってきました。知らない人のために説明しようと思いましたが、百聞は一見にしかずと言うのでとりあえず聞いてみてください。
と言おうとしたのですが、聞くのに"一見"と言うのはおかしいですよね。とはいえ、百聞は一聞にしかずと言うと某環境大臣が言いそうな感じになるので困りますね。こんなときなんて言えばいいのでしょうか。教えてください。
閑話休題、とにかく久々のライブはめちゃくちゃ楽しかったです。生演奏の臨場感、会場の一体感、音に乗って身体を動かす爽快感は他の何事にも代えがたい体験だと思います。今年はフェス行きたい。

次は1年生が入部して無事先輩になった神宮です。

PUI PUI鬼滅の刃[リレー日記]

 written by 草間 和心投稿日時:2021/01/26(火) 03:16

草間です。

毎回ブログの順番が回ってくる度に、何も書くことが無くて困っています。

ポケットから虚無です。

自分の人生のあまりの希薄さに涙がちょちょぎれます。

しかしながら、今回はまともに話せる話題があります。

 

皆さんは言語学オリンピックをご存知ですか?僕はよくご存知です。

分からない方のために一言で説明すると、「言語を使ったパズル大会」です。言語学などと大層な名前が付いていますが、言語学の知識が一切無くても解けるような問題になっています。以下のリンクにお試し問題があるので気になる人は見てみてください。

https://iolingjapan.org/sample-problems/

僕は冬季休暇中、この言語学オリンピックにオンライン参加しました。例年では20歳未満のみが対象だったのですが、今年からは競技参加枠が設けられ、20歳以上も参加することができるようになりました。それをたまたま見つけて、面白そうだったので受けてみました。
全然分かりませんでした。やっぱりコミュニケーション能力の乏しい僕が言語に挑むのは無謀だったのでしょうか。
大問2ではツツバ語という言語における数字の表現についての問題が出題されたのですが、全く以て理解できず、一問も解くことができませんでした。

ngavulelima ngavuleonona etol

これはツツバ語で表記した53です。

ngavulelimaが50、etolが3を表しています。しかし、これを繋げてngavulelima etolとはならず、間に余計なものが挟まっています。僕は試験中、この部分の存在にずっと気を取られていて、全然問題を解くことができませんでした。考えども考えども全く見当が付かなかったので後で調べてみると、この部分は1番目、2番目のような序数を表していて、ngavuleononaは60番目を意味するそうです。

つまり、ngavulelima ngavuleonona etolは日本語で言うと「50、ここから60番目まで今3」というような感じになります。
もっと分からなくなりました。

デンマーク語もよく数の数え方が複雑だと引き合いに出されることが多いですが、ツツバ語のように余計な要素は入ってません。

別にこの部分、無くても良くないですか?寧ろ無い方がよくないですか?ポテトサラダの上に乗っているさくらんぼのようなものじゃないですか?

などと思っていたのですが、詳しく調べていると納得する説明が見つかりました。
 

ツツバ語が使われているツツバ島では、首長の任命式で豚を村の人々に振る舞うことで財力と寛大さを示すことが儀式として重要視されています。そこで、豚肉を村人全員に行き渡るように切り分ける訳ですが、絶対に数の不足を生じさせないために、概数(この例では60)を示すような数の数え方が発展したそうです。言語に文化が宿っていることを示す好例ですね。
 

そろそろ文章を書くのに疲れました。

最近の生き甲斐はモルカーです。

鬼滅の刃おもしろかったです。

あとはいけうちにまかせます。

衝動に刺さる音楽[リレー日記]

 written by 草間 和心投稿日時:2020/09/03(木) 21:45

こんにちは、草間です。
記憶って本当に飛ぶんですね。びっくりしました。

突然ですが、ハヌマーンというバンドを知っていますか?
高校生の頃、僕は洋楽ばっかり聴いていました。僕の青春は洋楽で出来ていると言っても過言ではありません。実際、当時はろくな趣味もない上に人との関わりがあまりにも希薄で、1日に1度会話を交わすかどうかすら怪しく、口を開くとすれば欠伸をするか「ファミチキください」と発するときぐらいだったので、僕の高校生活において青春と呼称できるような代物は通学途中に聴く音楽くらいしかありませんでした。とは言っても、別にとりたてて洋楽が好きだというわけではありません。その頃の邦楽には自分に刺さる音楽はなく、洋楽にはあったというだけです。
しかし、大学に入ってから見つけてしまいました。それがハヌマーンです。
実を言うと、ハヌマーンの曲自体は高校生の時にも聴いたことがありました。でもそのときはあまり良さを感じられませんでした。当時と比べて少しは精神が成長したってことなんですかね。或いは退化したのかもしれません。

ハヌマーンの結成は2004年。当時活躍したロックバンドのご多分に漏れずNUMBER GIRLの影響を殺人的に受けています。
NUMBER GIRLというのは異常なバンドです。聴けばわかります。異常なバンドです。
ギターボーカルの向井秀徳はまるでフォークソングでも歌い出しそうな浪人生のような風体をしているが、繰り出されるギターサウンドはひたすら鋭く重い。歌い方は非常に特徴的で、ライブになると更にクセが強くなるので何を言ってるのか分からない。だから歌詞を見ると意味がわからない。
「ヤバイさらにやばい バリヤバ」
ヤバイのはお前だよ。
そして、とにかく叫ぶ。必死の形相で、喉を絞り尽くす勢いで、叫び尽くす。そこには、今この瞬間に生きることに急ぐ焦燥すら感じられる。もしかしたら、白昼夢の中にいるような浮ついた歌詞は、焦燥的な彼らの音楽性にとてもマッチしているかもしれない。

って感じです。多分。
そんなNUMBER GIRLに影響を受けたバンドは数多くあるんですが、その中でもハヌマーンは一線を画していると思っています。スリーピースとは思えない圧倒的な音圧と安定感、そして世界観。
歌詞は決して特別なことを歌っているわけではなく、寧ろ卑近なものが多いです。しかしながら、言葉選びが文学的と言ってもいいほど秀逸で、とても叙情的に感じられます。エモい。
人間の卑屈さや情けなさを書かせたら右に出る者はいないと思ってます。いたら教えて下さい。
そういえば、2回連続で音楽の話をしていますね。未だに僕には音楽しかなかったみたいです。ぴえん🥺
ちなみにこの前旧友とのLINEの文面で「ぴえん🥺」を使ったら、「誰から教わってきたんだい…」「まだ早いよそれは……」などと言われました。僕は何だと思われているのでしょうか。
次は上村さんお願いします。パワハラしないでください。
 

Every Life Matters, My Life is in Tatters[リレー日記]

 written by 草間 和心投稿日時:2020/06/04(木) 22:03

どうも、草間です。
あまりにも高く上げられたハードルはくぐり抜けることにしています。

つい先日、暇を持て余してYouTubeを見ていると、「あなたへのおすすめ」に『This Is America』という曲が表示されていました。



アーティストはChildish Gambino。見たことも聞いたこともない方でしたが、サムネイルの陽気なポーズでおどけた表情に興味を惹かれて再生してみました。
最初はサムネイルから想像できるような陽気なメロディで始まりました。しかし、Childish Gambinoが突然ギターを弾いていた男性を撃ち殺し、音楽は急激に切迫した暗いビートへと変わりました。そして彼はこう言い放ちました。

"This is America"

露悪的にも思えますが、これは現在のアメリカにおける黒人差別を切実に描いた映像です。奇しくもこの動画を見た数日後、アフリカ系アメリカ人のGeorge Floydさんが白人の警官に取り押さえられた際に死亡した事件が起こりました。動画の中で描かれた目を背けたくなるような残酷なシーンは、誇張でもなんでもなく現実に起こっていることだと言うことを思い知りました。このミュージックビデオには他にも多くのメッセージが込められていますが、ここで語るにはあまりにも多いので興味を持った方は調べて見てください。


暗いことばかり話しても気が滅入ってしまうので台湾に行った話でもしようと思います。
高校1年生の夏、家族で台湾旅行に行ったときのことです。私は兄と夜市の屋台を見歩いていました。
きらびやかなネオンの光や珍しい食べ物の数々に見とれていると、兄が私の腕を掴んできました。突然のことに戸惑って兄の顔を見上げますが、彼はただにやにやと笑うだけです。
一々気にしていても致し方ないだろうと思い無視していると、彼は私の手を臀部に押し付けました。
寸刻をおいて、携帯のバイブレーションのような振動が手に伝わってきました。兄は愉快そうに私を見て笑っています。
そのとき私は彼が何をしたのかを理解しました。あろうことか、彼は私の手の平に放屁をしたのです。
果たして人間が、このような暴挙に出ることが可能なのでしょうか。どんな生き方をしていたらこんな所業が行えるのでしょうか。
私が呆れ返っていると、視界の端に二人組の女性が映りました。彼女たちはひそひそと話していて、そのうち一方の女性はこちらのほうへ指をさしていました。指先はどうやら私達に向けられているようでした。
きっとあれは貴様の放屁を糾弾しているんだ、どうだ、参ったかとぬか喜びしたのもつかの間、私は彼女達が兄の放屁を認識できるはずがないと気が付きました。辺りは喧騒で放屁の音なんて聞こえないからです。
それではどうして彼女達は指をさしているのでしょうか。
私が顔を向けて目が合うと、彼女達はまるでおぞましいものでもみたかのように顔を引きつらせました。
彼女達の視線を追うと、私と私の腕を行き来していました。どうやら注目されているのは兄ではなく私だったようです。
私は自分の姿を客観視してみました。兄の行動に呆れ笑いを浮かべながら、手は依然兄の尻に……

……どこからどうみても男の尻を揉んでにやにやと笑っているようにしか見えません。
つまり、彼女達の目には私は公衆の目前で男の尻を揉みしだいて悦に浸っている変態野郎として映っていたわけです。
どうして兄に手の平に放屁された上で、見知らぬ台湾の女性に変態と思われなければいけないのでしょうか。
僕は前世でそんなに度し難い業を犯したのでしょうか。だれかたすけて。

よくわからない話になってしまったのでここまでにします。
次は井階さんととても仲良しな悠太郎さんお願いします。

次へ>>

<< 2021年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

最新トラックバック