ブログ一覧

ブログ 草間 和心さんが書いた記事

次へ>>

法規走行[リレー日記]

 written by 草間 和心投稿日時:2024/05/12(日) 23:54

お疲れ様です。草間です。
みなさんのゴールデンウィークの思い出は何ですか?
僕は何もありません。
部屋で気絶していたら終わっていました。
ということで冬休みの話をします。

昨年のクリスマス、僕は中国の国境にある町、東興市にいました。ここからベトナムに渡るためです。
国境沿いのショッピングモール。某ハンバーガーチェーンから略奪したロゴマークが掲げられている。

越境した先の町・モンカイのバスターミナルで、今から一番早い時間でハノイに到着したい旨を伝えると、8人乗りのワゴンバスに乗せられました。
騙されました。
本来なら4時間弱でつくはずの道が7時間以上もかかりました。別に道が混んでいたとかスピードが緩かったとか、そういう訳ではありません。
むしろ今まで乗ったどの車よりも飛ばして走っていました。恐怖を感じるほどに。

ベトナムの高速バスには旅行者の間で「走る棺桶」という二つ名があり、その運転の荒さは昔から有名でした。僕もそれを聞いていたので、乱暴な運転については承知しているつもりでした。
実際、ありえない頻度でクラクションを鳴らしたり、当たり前のように向かいから逆走車が突っ込んできたりしましたが、数十分も乗っていれば慣れました。

問題は、この「走る棺桶」という名前が実態にそぐわないことです。この名前を聞くと、まるで乗客が死の運命に晒されているかのように思えますが、そうではありません。
僕が何よりも恐ろしかったのは、自分の乗っている車がいつ人を殺めてしまうかということでした。
道路を横断する歩行者やバイクを轢き殺しそうになった回数は十指に余ります。僕が感じていたのは、自分の死に対する恐怖ではありません。自分が殺人者の運転する車に同席し、人の死に加担してしまう恐怖でした。

そんなバスが目的地に到着するのが遅れたのは、途中で何度も寄り道をしていたためです。
ベトナムのバスは運送業を兼ねていることが多く、荷物の受け渡しであちこちに寄っていました。また、どこからか電話が掛かってきて突然の乗客を拾うこともありました。

結局誰一人殺すことなく無事に目的地のハノイに到着することができましたが、車に乗っていただけなのに疲労困憊してしまいました。他人の死を厭わない人以外はベトナムの高速バスに乗ることをおすすめしません。

その後も700kmバイクで走ったりパスポートを質に取られて帰れなくなりそうになったりしましたが長くなるので割愛します。


次は上妻です。

Don't Summer[リレー日記]

 written by 草間 和心投稿日時:2023/07/02(日) 22:20

最近、高くて困っています。
ありとあらゆるものが。
この10年間で100円玉で買える温もり※1は街から消え去り、喜志駅から天王寺まで490円※2に運賃が上がり、100円玉3枚握りしめて※3すき家で並盛が食べられなくなりました。黒毛和牛上塩タン焼680円※4なんて夢のまた夢です。
高すぎて思わず他界しそうです。

「100円あったらマックへ行こう!」なんて喧伝されていたのも今は昔。
現在では、100円をもってマクドナルドへと勇んで向かっても、何一つ買うことができず、100円玉を拳の中に固く握りしめたまま呆然と独りたたずんでいる※5ほかありません。
せいぜい買えるとしたら、店員からの冷笑スマイルくらいです。
なんて世知辛い世の中なのでしょうか。これではいつでもスマイル※6できません。

せっかくコロナ※7関係の制限も緩和されてきたというのに、ろくに生きがい※8を感じることができません。
結局金、金、金、金※9。今の世の中、何をするのにもお金が必要です。お金なんかはちょっとでいい※10とは到底思えません。

お金がないなら稼ぐしかありません。しかし、副業の禁じられた公務員の身で一体何をすればいいのでしょうか。
そうだパチンコに行こう あそこなら誰に会うでもないし※11
呑んで買って鬱になって※12それが俺の全てだったらどうしよう※13と思っても、俺は俺だ 俺に従う※14
生きてゆく力がその手にあるうちは※15




      ※16





次は池内です。


※1 尾崎豊「15の夜」
※2 ヤバイTシャツ屋さん「喜志駅周辺なんもない」
※3 ヤバイTシャツ屋さん「週10ですき家」
※4 大塚愛「黒毛和牛上塩タン焼680円」
※5 GLAY「Way of Difference」
※6 森七菜「スマイル」
※7 UVERworld「コロナ」
※8 GLAY「生きがい」
※9 ミオヤマザキ「水商売」
※10 ユニコーン「大迷惑」
※11 ハヌマーン「Fever Believer Feedback」
※12 バズマザーズ「キャバレー・クラブ・ギミック」
※13 バズマザーズ「ゴーストワールド」
※14 NORIKIYO「2 FACE (feat. BES)」
※15 GO!GO!7188「こいのうた」
※16 ジョン・ケージ「4分33秒」

雨は夜更け過ぎに雪へと変わりがち[フォワード日和]

 written by 草間 和心投稿日時:2022/12/24(土) 17:04

こんにちは、草間です。今日は待ちに待ったクリスマスイブですね。

そういえば、みなさんはクリスマスイブの正しい意味を知っていますか?

実は、「イブ」という言葉は夜を意味していて、クリスマスイブはクリスマス当日の夜のことだそうです。
キリスト教の暦では日没のタイミングで日が替わるとされているので、正式には24日の日没から25日の深夜の時間帯がクリスマスイブになるそうです。

そのため、「イブ」を前日という意味だとうっかり勘違いして、昨日(12月23日)のことを軽率にイブイブと言った人は上皇陛下に対する不敬罪で捕まりました。


ところで、僕はクリスマスがあまり好きではありません。

別に、リア充がどうこうとか宗教が云々とか、使い古された常套句を言いたいわけではありません。

頼んでもないのにサンタコスをしてる人を見たくないだけです。

この日になると、出前の配達員やコンビニの店員がよくサンタクロースの装いをしています。
いや、させられています。
夜の街並みはイルミネーションで光り輝いているのに、彼らの眼差しには光がありません。

ただでさえ繁忙期で忙しいのに、クリスマスは予定を入れる人が多く人手が少なくなります。
そんな中働く人たちに与えられるのは、プレゼントでもボーナスでもなく、サンタのコスプレ衣装です。

どうして一生懸命働いてくれている人たちがこんな辱めを受けなければならないのでしょうか。
あまりにも報われなさすぎて涙を禁じ得ません。


しかし、見方を変えてみれば彼らは本当のサンタクロースと言ってもいいかもしれません。

サンタクロースは誰もが寝静まったクリスマスの夜に子供たちにプレゼントを届けまわっています。
つまり、クリスマスに労働するということは実質サンタクロースであると言うのは流石に過言でした。

どちらかというとサンタというよりトナカイです。所詮、道具として扱き使われるだけの存在です。
サンタクロースなんかいません。現実を見ろ。


すべての労働者に幸があらんことを。

好きなことで、生きていく[フォワード日和]

 written by 草間 和心投稿日時:2022/09/05(月) 20:58

こんにちは。草間です。
「暇だからブログ書いて」と言われたので、せっかくだからフォワード日和に何か書こうと思います。


僕は最近とある悩みを抱えています。
YouTubeで動画を見ようとすると、

「私たち、タップルで出会いました!」

と知らないカップルが唐突に、意気揚々と自慢してくるのです。
見るたびに不愉快な気持ちになるので、何度も「この広告の表示を停止」を押し、

・繰り返し表示される

・不適切

・関連性が低い

など広告の問題点を再三再四にわたって指摘しているのですが、すぐにゾンビのように蘇って僕の目の前に立ちはだかってきます。

どうして一々見ず知らずの人間に、出会いのきっかけを報告されなければならないのでしょうか。
僕は何の義理があって、それを聞かなければならないのでしょうか。一体何の当てつけなのでしょうか。
どうか構わず、勝手に幸せにお過ごしください。放っておいてください。
僕はただRTA in Japanを見たいだけなのに。




そもそも、最近のYouTubeは広告が多すぎます。本当に。
最初はすぐに広告をスキップすることができたのでそれほど気になりませんでした。

しかし、次第に5秒待たないとスキップできないようになり、挙げ句の果てには2つの広告を見終わらないと動画を視聴できなくなりました。

しかも、かつては広告が出現する時間が下に黄色で表示されていていつ広告が出てくるのかが分かったのに、最近は不意打ちで突然広告を流してきます。
せっかく楽しく動画を見ているのにこの仕打ちはかなり興が削がれます。

「そんなに広告が嫌なら、YouTube Premiumに入ればいい」と言う方も居るかと思います。確かにその通りです。現在のYouTubeが広告収入で成り立っている以上、広告を無くす対価に料金を支払うのは当然です。

しかし、よく考えてみてください。人を広告で散々煽り散らかしておいて、見たくないなら金払えというのはヤクザとやってることが同じではないでしょうか。
しかも、通常月額1180円のところiPhoneユーザーは特別に1550円を取られます。
いよいよもって阿漕な商売です。

嫌がらせをやめてもらうためにわざわざ金を払うなんて、馬鹿馬鹿しくてできやしません。
僕は決して暴力には屈しません。





YouTubeがこんなことになってしまったのは、YouTuberが増えたことが一因にあると思います。
特に日本では、HIKAKINが一躍有名になってからYouTubeが商業的な雰囲気を帯び始めました。
つまり、諸悪の根源はHIKAKINと言っても過言ではありません。
彼は今僕が感じている一切の苦痛の原因です。

かつて彼はビートボックスを投稿しており、そのことを揶揄して「音の出るゴミ」などと言われのない謗りを受けていました。
それでも彼はめげずに毎日動画投稿を続け、今では聖人君子のように扱われるようになりました。
この名誉は彼の努力の賜物に相違ありません。

しかし、彼の行いは多くの人に「好きなことで生きていく」という夢を抱かせ、その夢を貪るYouTubeという化け物を肥え太らせるに至ったのです。
彼は今も子供たちに夢を与え続けています。
それが名状しがたい怪物に餌をやることになるとも知らずに……

僕はHIKAKINを決して許しません。彼は最早我々には手の負えないものを生み出してしまいました。もう人類にはYouTubeに従うか抗うかの2択しか残されていません。
もちろん僕は抵抗します。拳で。
しかし既に生殺与奪の権は握られているようなものです。
直に僕もYouTubeの一部になります。

自我も何もかも飲み込まれ、決して腹が満ち足りることない物言わぬ怪物の一部と成り果てることでしょう。

今までありがとうございました。







次の記事はなにか思いついたら書きます。

Ninjaの加速気持ちよすぎだろ![リレー日記]

 written by 草間 和心投稿日時:2022/06/02(木) 23:58

まず、最初に謝罪します。
部員紹介の件です。
あのような、世界に恥を晒す文章を投稿してしまい申し訳ございません。

分からない方のために説明します。今ラグビー部ではTwitter上で部員紹介を行っていて、文章の作成を僕が担当しています。その紹介の内容が、殊更に恥をかかせるような内容になっているのです。
本当に申し訳ございません。別に、恥をかかせてやろうとか貶めようという意図がある訳ではありません。ただ、書くことが思いつかないのです。

元々、今年の部員紹介は2年生に書いてもらう腹づもりでいました。しかし、他の同期が仮入部やら体育祭やらであくせく働いているのに僕だけ怠けてぼーっとしている訳にも行かないと思い、自分で書くことにしました。ところが、いかんせん書くことが何も思いつきません。それもそのはず、年がら年中部屋に引きこもって呆けている人間が愉快な文章を書ける道理なんてどこにも存在しません。そうとなれば、身を切るしかありません。

No pain, no gain

痛み無くして得られるものなど無いのです。凡庸な人間が自分の実力以上のことを為すには、身を削るほかありません。とは言うものの、自己紹介では無いので身を削られるのは紹介される部員の方です。
僕は心苦しくて堪りません。敬愛するラグビー部のメンバーを手ずから辱めなければならず、とても胸が痛みます。今の僕には泣いて馬謖を斬った孔明の心が手に取るように分かります。最近では毎晩のように枕を涙で濡らしています。

辱めると言っても、隠していた事実を暴露する訳ではありません。1%くらいの事実をもとにほとんど僕の妄想で書いています。最低です。僕は妄想で人の名誉に傷をつけているのです。悪質極まりありません。きっと裁かれ、地獄の業火に焼かれます。

申し訳ないと言ったのに申し訳ばかりしてしまったので僕の恥をいくつか公開して終わりたいと思います。

・小学生の時、担任の先生が気に食わず反抗ばかりしていたら知能検査を受けさせられた。
・札幌のカラオケで調子に乗って酒を飲んでいたらトイレで寝落ちし、目が覚めた瞬間に吐いた。
・満員電車を降りる人のために一旦ホームに出たらそのままドアを閉められ置いていかれた。
・打ち上げに呼ばれないどころか存在すら知らされていなかったが、行かなかったことを母に責められた。
・関わりのなかった中学の同級生の女子から、兄を介して中指を立てた画像が送られてきた。

 

余談ですが、非公式新聞部というのが密かに活動をしています。イベントの折に記事を書いて掲載などしているので、目に着いたら読んでみてください。並木祭のパンフレットにもコラムを掲載する予定です。僕もたまに怪文書を書いています。
活動への参加に興味がある方はこちらまで

板井くんの紹介が90いいねまで伸びたので、このまま100まで行って欲しいです。

最近バイク買いました。

 

次は渡部です。

次へ>>

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログ最新記事

最新トラックバック