ブログ一覧

ブログ 板井 健悟さんが書いた記事

次へ>>

防衛医大最高っっ![リレー日記]

 written by 板井 健悟投稿日時:2024/04/04(木) 09:51

オフシーズン、他のFW陣が増量を強いられている中、7kgほどの減量に成功しました。板井です。
夜ご飯を豆腐に変えるというシンプルなものでしたが意外と痩せれてよかったです。これも目標を持って取り組んだからですかね!(2つ前の森くんのブログ参照)
もう少し絞ろうかなと思っていましたが最近は飽きてきて体重は停滞しています。
夏までにあと5kgほど落とす予定です。


さて、皆様はこの春いかがお過ごしでしたか?
僕はこの春休みを利用し普通二輪の免許を取りました。来週には公道での初ライドが控えており楽しみで仕方がありません。
僕は自動車の免許がAT限定であり、これまで幾度となくMT勢に馬鹿にされてきましたがこれでようやく対等になれました。今から免許取る方はできるならMTで取っておくことをお勧めします。



少しでもバイクの免許とろーかなと思ってくれた方にざっと免許取得にかかる費用をご説明します。
(普通自動車免許取得済みの場合)
・車校費用…11万5千円
・防具代…2~5万円(ヘルメット)、2~5千円(グローブ)
・免許センター費用…4千円
合計15万円ほど



こんなもんですね期間としては毎日2、3時間通えば1週間ほどで取り終えたので手頃だと思います。乗るだけですし。
バイクに乗ることは親をはじめとする周りの人から反対の声も多いかもしれませんがバイクがかっこいい!バイクに乗乗りたい!と思ってしまったのであればぜひチャレンジしてほしいと思います。
自分の人生なんですから自分の気持ちには正直に後悔なく生きましょう。



本題のようで補足のようになってしまいましたが、改めまして新一年生入学おめでとうございます。防衛医大に入ったからには勉学に部活動に課外活動に全力を尽くし心身の全てを国のために捧げる覚悟でいなければなりません。甘えることなど我々には許されていないこと、国税をいただきながら勉学できていることを重々承知してください。そのような覚悟がなければ今すぐにでも予備校に入り直し、来年の共通テストの勉強でもしといてください。1人でも志高い医学生と切磋琢磨できることを心より楽しみにしております。


防衛医大では部活動の公平性を重視しており部活について言及することができないためラグビーに関する情報をお届けできず残念ではありますがこの辺で終わりにします。



次は、病院実習も始まりますますお医者さん感が出てきている5年生です。

最後に僕の乗りたいバイクを数台載せておきます。かっこよさに共感できる方はバイクの免許を取り次第連絡ください一緒にツーリングしましょう!!

 

規律を守ってみんな平和に[リレー日記]

 written by 板井 健悟投稿日時:2023/12/11(月) 12:33

お久しぶりです。3年の板井です。
周りの同期が社会人へとステップアップするのをかわいそうだと思いつつどこか負い目を感じていたのも束の間、今年もクリスマスと年末を迎えるのみと成りました。

さて、今回は直々にお達しがありましたので『規律』をテーマに書いていきます。
先日、授業を無断でサボり停学処分をいただいたことに加え、試合中の反則が多いことも重なり、規律とはなんなのかを再認識するよう命が下ったという流れです。
このブログを読んで自分の行動を今一度考えていただけると幸いです。





とは言っても何から書けばいいものか

規律とは…
人の行為の基準となるもの。おきて。秩序。(広辞苑より)
社会生活、集団生活において人の行為の基準となるもの。また、そのようなものとしてのさだめ。おきて。(大辞林より)
とありました。

人はどこでどのように生きていようとなんらかの社会やなんらかの集団に属しています。家族であったり地域の自治体、学生なら学校やスポーツクラブ、社会人なら会社やらなんやら色々あることでしょう。ボクら防医生は大学生でもあって自衛隊の端くれでもありますからシーンに合わせて様々な集団に属します。
規律というものは辞書にもあるように各集団が滞りなく存続するため、またはその集団を構成する人々が心置きなくその集団に居続けられるようにするためのものであると言えるでしょう。

ただ、そんなことは義務教育を受けてきている人ならみんながみんな認識していることです。でも、規律を破る人はどこにでもいるし後を経たない。


なぜなのか、、、
・規律を破ってでも自分が楽をしたい、自由に行動したいという内面の甘さ
・その集団に規律を守る価値があると思えない、規律の妥当性がない
・背に腹はかえられぬ事情がある
ざっとこのあたりが考えられます。

僕の場合は確実に1番目ですので、今一度深く反省して再発防止に努めていくしかありません。今回は部活に迷惑がかかるものではなかったことが不幸中の幸いです。
誠に申し訳ございませんでした。

3つ目は仕方ないにしても、2つ目の問題は根が深いですね。規律を破る人を摘発して注意や罰則を下したしても当人の反省は得られないでしょうし、もっと根本的なところから見直すことが必要かもしれません。また、今はそうでない集団や規律であっても時代の流れや場面場面によっては変革や柔軟な対応が求められる時が来るかもしれません。そのような事態にも対応できるような風通しの良い社会はたまた集団を作ることも規律をまもるのと同様に必要になってくると思います。

なんの話かわからなくなってきたので、今回はこの辺で、、、
今年の失態は今年中にきっちりと懺悔して、清々しい新年を迎えられるようにしましょう。

2024の抱負は、「服務事故0、ペナルティー0」です。
皆さん良いお年を!!
 

一つずつ大人になっていく[リレー日記]

 written by 板井 健悟投稿日時:2023/05/14(日) 12:32

無事3年生になれました、板井です

忙しかった2年生を乗り切ったという安堵からだらけが止まらないのと、いろんなところにあざができて半袖半パンで出かかるのがなんとなく嫌なことが悩みです



GWも終わって夏が近づいてきていることを感じる中ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

ところで、ぼくのGWはどうだったかというと、練習試合をし、チャリ旅をし(2日で200km近く漕いだ)、医歯薬選抜の試合に参加させていただきと結構ハードだったような気がします

チャリ旅に関してもいろいろ書きたいところではあるのですが、長くなりそうなのでまたの機会に!一言だけ言わせてもらうと



もうしたくない



医歯薬選抜の試合は同行したとはいえ、10分ほどしか出場の機会はなく不完全燃焼感がものすごいので、来年はもっと出たい、できればフル出場を目指したいですね

ただ、セレクションであったり練習会であったりで他大学の選手と一緒に練習するというのは新鮮なもので仲良くなれるだけでなくいろんな方面で刺激をもらえたので非常に有意義であったなと感じます(集合写真であんなに自分が小さく見えたのは初めてでした)



あと3回はチャンスがあるので楽しみです



次はロックマンを卒業したばかりの銘苅です

上海蟹って名前がまだしっくりきてない[リレー日記]

 written by 板井 健悟投稿日時:2022/10/31(月) 14:11

並木祭で上海蟹と名乗って漫才していた板井です。見に来てくれた方はありがとうございました。ネタ自体を作ったのは相方の銘苅なので面白かったと思った人は銘苅を褒めてあげてください。逆につまんなかった等の批判も銘苅にお願いします。負けて悔しかったらしいので色々アドバイスしてあげてください。

並木祭は漫才にとどまらず面白い企画が沢山ありましたね。個人的にはボディービルとストイック王の企画が見てて楽しかったです。
ボディービルは思ったよりも審査が本格的だったし参加者もみなめちゃくちゃ鍛えて絞ってきてたので見応えがありました。ぼくはまだまだ駆け出しのトレーニーですが先輩方の幅広い広背筋や厚い胸板、くっきり浮き出た三角筋や腹斜筋を目の当たりにしてトレーニングへのモチベが急上昇中です。今年はラグビー部から誰も参加してなかったので是非とも出て欲しいものですね。(ぼくも出てみたい、、、、再来年くらいには)
ストイックはウチの先輩が決勝まで行って白熱した戦いをしてました。1回戦はデスソース付きクラッカーを食べて水をどれだけ我慢できるかという勝負でしたが辛いものが苦手なぼくからすると見ているだけで冷や汗が出そうな戦いでした。あんなのは人がやる戦いではないですよ。何があっても出たくないですね。(企画が終わったあと先輩に絡まれてデスソースクラッカーを食わされたのは事故。思い出しただけで気分悪い、、、。)

他にもダンス部、演劇部、チア部、吹奏楽部etc…と色々な部活の発表の場もありますし、模擬店も活気があって楽しいので部外の人も来てみてください!

さてさて、長くなりましたが再来週はついに東邦との“事実上の決勝戦”ですね。コロナ禍でもそれに屈せずに練習してきた成果がちょっとずつ見えてきてチームとしても日に日に良くなってきているのを感じます。ぼくはまだまだ“低学年”ですから責任も何も背負っていないので自由にプレーするのみです。あとは責任学年をはじめとする先輩方がどうにかしてくれることでしょう。頼りにしてます!!

今回はこの辺で。
次は並木祭の漫才を制し公私ともにノリに乗っている神宮さんです。後輩と飲みに行ったのに会計が思ったより高くて後輩にもお金を出してもらったのはここだけの話ですよ。
 

ユートピアより[リレー日記]

 written by 板井 健悟投稿日時:2022/04/14(木) 16:17

どうも隔離中の板井です。
対バンでもない後輩をご飯に連れて行ってしまったが故に濃厚接触者になってしまいました。ただ、居室より広々としたとこで生活できているので今のところ特に不満はありません。暇ではありますが。
今回のコロナ流行に伴い部活動の仮入部が一ヶ月以上も延期されてしまいました。やっと後輩ができるはずだったんですが、、、。勧誘は結局いつからやっていいんでしょうか?(今年は5人以上入って欲しい)

さて、私ごとではありますが学年が上がり2年になりました。学年が上がるというのは実に3年ぶりのことなのでなんだか新鮮ですね。先輩になったからといって何が変わるわけでもないですが後輩とは仲良くやっていきたいものです。ただ、同期を3人ほど残してあがってきてしまったのは心残りですが。
2年は勉強に部活に大変な年であると先輩方から聞いてますから、留年しないよう頑張っていきます。頑張りすぎもキャラじゃないので程々で平均ちょい下あたりを狙います(本音)。

これで終わると物足りないので隔離の所感でも書いときますか。
隔離生活も意外といいものですよ。周りに人がいると寝にくいとか生活音が気になるってかたには相当なストレスかもしれませんが、個人的には何にも気にならないし自分の部屋より開放感あるし、食事は手元まで運ばれてくるし、シャワーもトイレも近いしでいいこと尽くめです。差し入れも部活の先輩に対バンの先輩に同期にと絶えず届くので非常に感謝しています。これも僕の人望ゆえなのかもしれませんが笑
ただ、唯一残念なことは楽しい楽しい部活がなく優しい優しい先輩方に会えないことですね。(これは勧誘ではありません)

今回はこのへんで。
次は2年の大付(学年長みたいなもん)を務め一年生をまとめ上げ、公私のうち“公”だけはノリに乗っているメカルくんです。今年は“私”のほうからも目が離せなくなることを期待しています!!
 
次へ>>

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログ最新記事

最新トラックバック